北京五輪会場、燃料電池バス700台投入

北京冬季五輪・パラリンピックの組織委員会によると、大会期間中に北京市延慶会場と河北省張家口会場で、水素を燃料とする燃料電池バス(FCバス)が約700台投入される見通しだ。五輪を舞台に中国製の燃料電池車(FCV)を世界にアピールする狙い。自動車情報サイトの蓋世汽車な…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上海の防範区、人口数が2000万人近くに(16:03)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

コロナ国内感染、17日は227人(11:34)

移行期FDI件数首位は中国 2011年水準に、中銀規制ネックか(05/18)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第8回) スマホが変えるアジアの都市(05/18)

テイクオフ:男はドイツ車に乗ってさ…(05/18)

ミャンマー側トラック、運転代行で中国越境(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン