• 印刷する

【21年の10大ニュース】「感染防止」と「開国」に揺れる

タイでは今年4月から新型コロナウイルス感染症が拡大し、厳しい行動制限やロックダウン(都市封鎖)を実施した。8月には1日あたりの感染者数が2万4,000人近くに達してピークとなったが、ワクチン接種が軌道に乗ったことで、12月には5,000人前後に落ち着いている。

感染者の減少を受けてタイ政府は11月から外国人の入国規制を大幅に緩和したものの、新型コロナの影響で、国内総生産(GDP)の2割超を占める観光業は大きな打撃を受けた。コロナ前に最大で年間4,000万人だった外国人旅行者の数は、今年は20万人程度になる見通し。来年は600万人ほどに回復するとみられるが、南アフリカで報告された新変異株「オミクロン株」の影響もあり、国内の消費を含め、本格的な回復時期については依然として不透明感がある。

観光業や内需は厳しい状況が続く一方、世界需要の回復に伴って自動車をはじめとした輸出は好調。当面は外需を中心とした片翼飛行を続けながら、内需の回復を辛抱強く待つ局面となりそうだ。

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は、11月から入国者の検疫隔離期間をPCR検査の結果が出るまでに短縮すると発表した。写真はバンコク近郊のスワンナプーム国際空港=9月(NNA撮影)

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は、11月から入国者の検疫隔離期間をPCR検査の結果が出るまでに短縮すると発表した。写真はバンコク近郊のスワンナプーム国際空港=9月(NNA撮影)

【第1位】猛威振るった新型コロナ「第3波」

【第2位】ワクチン接種、初動に遅れも挽回

【第3位】観光再開、接種完了者の隔離免除

【第4位】プラス成長の見通し、本格回復は来年に

【第5位】各地で洪水、マクロ経済に影

【第6位】反体制デモが再燃、実弾で死者も

【第7位】自動車業界の苦境続く、電動車への移行加速

【第8位】CO2排出削減へBCG経済が加速

【第9位】日系進出、コロナ禍が影を落とす

【第10位】中国企業が投資拡大、長城汽車の工場稼働

【番外編】政権内部に対立か、農業副大臣ら更迭


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイの人口、28年の6719万人がピーク見通し(19:13)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

テイクオフ:ロシアによるウクライナ…(05/18)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第8回) スマホが変えるアジアの都市(05/18)

GDP成長率、1Qは2.2% 東南ア6カ国で最低、見通し弱く(05/18)

タイ系CPカンボジア、食品加工工場を稼働(05/18)

豪人、6月にも日本観光可能に 3回接種が条件=国交省(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン