一部業種にワクチン義務付け、来年1月から

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心は5日、経済部(経済産業省)などが所管する一部業種で、来年1月から従業員の新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けると発表した。海外では依然として感染が拡大しているほか、新変異株「オミクロン株」の感染が確認されてお…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、17日は17人(15:44)

台湾大哥大が在宅勤務実施、2月中旬まで(15:59)

テイクオフ:春節(旧正月、2月1日…(01/17)

企業がコロナ防疫対策強化 金融やハイテク、在宅勤務開始も(01/17)

仁宝の桃園工場、従業員2人が感染(01/17)

新型コロナの域内感染、16日は10人(01/17)

3回目接種、18日からサイトで予約受付(01/17)

台北などで忘年会の規模縮小を、専門家提言(01/17)

軽症か無症状の20~30代、検疫所などで隔離(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン