オミクロン株に警戒広がる 南アからの入国者、コロナ陽性

フィリピン政府が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に警戒感を強めている。南アフリカなど3カ国からの入国者にコロナの陽性反応が出たため、ゲノム(全遺伝情報)解析に回した。国内初のオミクロン株への感染者となる恐れがある。政府は水際対策を強化して時間を稼ぎ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

短期滞在者の受け入れ再開、2月10日から(01/28)

入国隔離、国別のリスク分類を一時停止(01/28)

16日から接種者のみ入国可、大統領報道官(01/28)

エアアジアの4Q旅客数、前年同期比2倍(01/28)

新型コロナ、新たに1万8638人感染(01/28)

21年GDP、2年ぶりプラス 5.6%増、コロナ前水準ほぼ回復(01/28)

地方の6地域、外出制限を厳格化(01/28)

東南アのネット販売業者、21年景況感は良好(01/28)

新型コロナ、新たに1万8191人感染(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン