• 印刷する

ポスコケミ、人造黒鉛の負極材工場完工

韓国鉄鋼大手ポスコグループ傘下のポスコケミカルは2日、慶尚北道浦項市のブルーバレー産業団地に建設中の人造黒鉛を使った負極材工場の第1工期が完工したと発表した。人造黒鉛の負極材はこれまで全量を日本や中国から輸入していたが、これを機に国内生産が可能となる。

完工したのは年産8,000トン規模の工場で、これは電気自動車(EV、60キロワット時基準)約21万台に供給できる規模となる。第2工期(年産8,000トン)は2023年の完工を目指す。ポスコケミカルは同工場の建設のため計2,307億ウォン(約221億円)を投じた。

■原料から素材まで一貫生産

ポスコケミカルはこれにより、国内で唯一、2次電池の中核部材である正極材と人造黒鉛・天然黒鉛の負極材を国産化。人造黒鉛の原料であるニードルコークスは子会社のPMCテックが製造しており、グループ内で原料から素材の生産まで一貫して手掛けることになった。

ポスコケミカルは、慶尚北道浦項市の人造黒鉛を使った負極材工場を完工=韓国(同社提供)

ポスコケミカルは、慶尚北道浦項市の人造黒鉛を使った負極材工場を完工=韓国(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機化学その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者7630人、死者11人増(17:09)

ブースター接種25.8万人増、接種率49.2%(16:32)

「バイオ認証」で世界攻略へ シュプレマ「伸びしろ大きい」(01/21)

印に初の半導体工場設立を推進 ベダンタ、傘下の日系企業通じ(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

新規感染者6603人、死者28人増(01/21)

ブースター接種21.2万人増、接種率47.2%(01/21)

サムスンの21年輸出、16%増の655億ドル(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン