運輸省、ターミナル駅変更で渋滞緩和を強調

タイ運輸省は、首都バンコクのターミナル駅機能が今月23日にフアランポーン駅(バンコク駅)からバンスー中央駅に移管されることで、首都圏の踏切が大幅に減少し、交通渋滞の緩和につながると強調した。2日付バンコクポストが伝えた。 運輸省鉄道局(DRT)のピチェット副局長…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

家計債務、上期に対GDP比90%超えも(18:37)

タイの人口6617万人、首都が全体の8.3%(18:23)

隔離なしの入国、2月1日から再開へ(19:45)

テイクオフ:SNSを通じた「ソーシ…(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

家計債務、成長の足かせに タイ経済2022年の見通し(下)(01/20)

【アジア本NOW】『K−POP時代を航海する コンサート演出記』(01/20)

新規感染者7122人、死者は12人(19日)(01/20)

プロトン、「スマート」の輸入代理店に(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン