東海岸鉄道のルートが確定 運輸省とス州が合意、26年開通へ

中国の習近平政権が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」の一環として計画されていたマレーシアの東海岸鉄道(ECRL)建設が、大きく前進しそうだ。運輸省とスランゴール州政府は2日、当初計画からのルート変更で合意したと発表。2026年の開通に向けて協力していく方針を示した…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テクスケム、スシキン株を吉野家から取得(18:46)

テイクオフ:シンガポール系のフリー…(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

東南ア初のららぽーと開業 三井不、コロナ禍で1年遅れも(01/20)

プロトン、「スマート」の輸入代理店に(01/20)

新規感染3229人、累計281.7万人(01/20)

RM1=27.3円、$1=RM4.20(19日)(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン