• 印刷する

1~11月、麻薬逮捕者は1.2万人超

カンボジアで1~11月、麻薬の所持や使用などで1万2,000人超が逮捕され、1トン超の違法薬物が押収された。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

麻薬取り締まり当局は1万2,193人(うち女性736人)を逮捕。このうち310人(同45人)は外国人だった。

容疑の内訳は、薬物の所持や密売、製造が3,959件で、逮捕者は7,677人(536人)、薬物使用が1,568件で、逮捕者が4,507人(195人)。約748キログラム相当の錠剤や約104キロの乾燥大麻などに加え、マリフアナ5万株超が押収された。


関連国・地域: 中国ベトナムカンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

一部食品、向こう2年間付加価値税を免除(01/14)

11日のオミクロン株感染14人、累計は231人(01/14)

欧州向け長粒白米輸出、18日から無関税(01/14)

ラオス越、フン・セン首相の仲介努力を評価(01/14)

「停戦表明」の効力見えず 地方で放火や空襲が継続(01/13)

履物・旅行用品工場、労働不足が深刻化(01/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン