11月の韓国車販売15%減 半導体不足で、変異株の行方が鍵

韓国完成車5社の2021年11月の世界新車販売台数は計57万3,728台と、前年同月に比べて15.0%減少した。車載半導体の世界的な供給不足の長期化が響いた。各社が生産ラインの効率化を進めるなど徐々に販売が回復しているものの、韓国でも確認された新たな変異株「オミクロン株」の拡散…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「皆さんにとって、無く…(01/17)

全国の感染対策、3週間延長 私的な集まりの制限は緩和(01/17)

21年車販売、28%増の376万台 プラス転換も半導体不足が重し(01/17)

新規感染者4194人、死者29人増(01/17)

ブースター接種30.6万人増、接種率45.5%(01/17)

入国者の移動、公共交通の利用不可に(01/17)

防疫パス、大型スーパー・百貨店でも適用中断(01/17)

GMO、韓国系ブロックチェーン団体と提携(01/17)

韓国中銀が追加利上げ、年1.25%に(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン