シークス現法が不正アクセスの被害

電子機器の受託製造サービス(EMS)で日本最大手のシークスは11月29日、同月18日にインドネシアの製造子会社シークスEMSインドネシア(SEK)で、社内サーバーとパソコン端末が身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」による不正アクセスを受けたことを確認したと発表した…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: その他製造IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアでは日常的…(01/25)

EVエコシステム整備を加速 官民、鴻海など台湾系2社と覚書(01/25)

22年の重機生産台数、過去最高の9千台予測(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

スズ輸出が停滞、許可手続き遅延で(01/25)

石炭ガス化プラントが着工、LPG輸入減へ(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

双日とSUNエナジー、CO2排出減で協力(01/25)

23年までにCO2排出量取引、エネ鉱省(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン