• 印刷する

大企業番付、サムスン現法が5年連続首位

調査会社ベトナム・リポートはこのほど、売上高などに基づく「ベトナム大企業ランキング」の2021年版を発表した。韓国IT大手傘下のサムスン電子ベトナムが5年連続で首位となった。

21年の上位10社はサムスン電子ベトナムのほか、◇ベトナム電力グループ(EVN)◇ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)◇ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)◇ベトナム投資グループ(ビングループ)◇ベトナム農業地方開発銀行(アグリバンク)◇ベトナム石油グループ(ペトロリメックス)◇ベトナム投資開発銀行(BIDV)◇テーゾイ・ジードン投資(モバイル・ワールド・インベストメント)◇ベトナム石炭鉱産グループ(ビナコミン)――となった。

上位10社の顔触れは昨年と変わらず、1~4位は前年から順位に変動がなかった。ビングループが前年の6位から5位に浮上したほか、アグリバンクは前年の8位から6位に順位を上げた。日系企業では、サントリー・ペプシコ・ベトナム・ビバレッジ(SPVB)が62位に入った。

地場民間企業に限定したランキングでは、ビングループが5年連続で首位の座を守った。2~4位も前年から順位に変動がなく、マサングループは前年の10位から5位に浮上した。

同ランキングは07年から開始し、今回が15回目。1年前の売上高や、純利益、資産額、従業員数などを参考に大企業500社を割り出している。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

オミクロン株流行懸念高まる テト間近、国内線は規制緩和(20:33)

【現場で語る2022年】ガス火力時代の商機つかむ 三菱パワー、再エネ蓄電も(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

インドネシアの石炭一時禁輸、越も動向注視(01/21)

サムスンの21年輸出、16%増の655億ドル(01/21)

キャピタランド、越の高級オフィスビル売却(01/21)

新興CMC、デジタル投資へ150万ドル調達(01/21)

残業上限時間、労働省が年300時間に緩和検討(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン