宏碁智医、眼疾患診断支援製品を拡充

パソコン世界大手の宏碁(エイサー)傘下で、医療関連事業を行う宏碁智医(エイサー・メディカル)の許銀雄総経理はこのほど、人工知能(AI)を活用した眼疾患診断支援製品を拡充する考えを明らかにした。経済日報などが伝えた。 加齢に伴い視力の低下を引き起こす加齢黄斑変性…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、16日は10人(19:36)

新型コロナの域内感染、14日は11人(17:59)

桃園のクラスター、新たに6人感染確認(18:00)

新型コロナの域内感染、15日は6人(17:59)

ワクチン予約サイト、15日に3回目予約開始(18:00)

TSMC、22年投資も最高へ 最大で5兆円、先端プロセスに(01/14)

TSMCの10~12月売上高・純利益、過去最高(01/14)

新型コロナの域内感染、13日は14人(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン