労働人口年700万人減少へ、医療保障に懸念

中国では2021~25年期間に労働人口が年平均700万人減少する見通しだ。期間中に60歳以上の高齢者の数が3億人を超えるとみられる中、医療保障制度の財政基盤を懸念する声が出ている。 中国民政省系の団体、中国社会保障学会は11月29日、医療保障に関する報告を発表。第一財経日報(…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

2カ月連続の利下げ、過去最低の3.7%(16:28)

テイクオフ:白雪の山を背景に、さっ…(01/20)

国鉄の南線、中国連合受注 3200億円、ルソン経済圏を拡大(01/20)

【アジア本NOW】『K−POP時代を航海する コンサート演出記』(01/20)

中小景況感がゆるやかに回復 21年12月調査、政策支援が追い風(01/20)

プロトン、「スマート」の輸入代理店に(01/20)

NEV購入税免除の延長検討、産業支援(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン