• 印刷する

テイクオフ:国民の間で2022年総…

国民の間で2022年総選挙より関心が高いのは、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」だろう。22年4月の連休に合わせて国内旅行を計画する人は多く、感染が再拡大すれば厳しい移動制限が課される可能性は高くなる。

周囲の大半の友人は、格安で旅行を楽しむため、既に航空券やホテルを押さえた。友人に漏れず、地方を訪問する予定だが、計画の見直しを迫られるかもしれない。各国が入国制限に動くなど、感染力が強いとされる変異株はそのうわさだけでやっかいだ。

「政府は新たな変異株の流入を防ぐべきだ」。国内旅行を死守したい友人は、オミクロン株が見つかってから、政府が外国人観光客の受け入れ再開をすぐに中止したことを評価する。海外旅行に行けなくても、せめて国内くらいは旅行したい――。まだ半年近く先のことなのに、落ち着かない日々が続きそうだ。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

21年GDP、2年ぶりプラス 5.6%増、コロナ前水準ほぼ回復(15:59)

新型コロナ、新たに1万8191人感染(17:49)

オミクロン株、新たに618人感染(15:27)

21年GDP5.6%増、2年ぶりプラス(12:28)

東南アのネット販売業者、21年景況感は良好(16:07)

テイクオフ:定点観察は物事の変化を…(01/27)

22年昇給率、4.3%に縮小 コロナ禍で日系企業、NNA調査(01/27)

新型コロナ、新たに1万5789人感染(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン