• 印刷する

【21年の10大ニュース】コロナ禍でも成長加速

「新型コロナウイルスの感染拡大は内需に打撃を与えたが、われわれの成長の原動力に影響を及ぼすことはなかった」。台湾の蔡英文総統は10月、「中華民国建国110年」を記念する式典の演説で台湾経済の現状をこう強調した。

世界的に半導体の供給が不足する中、台湾の重要性は高まった。半導体への強い需要を背景に毎月の輸出額は過去最高を何度も更新。半導体の受託製造世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)を中心に関連企業は好業績を収める見通しだ。

世界が変異株の猛威にさらされる中、域内の感染抑え込みにも成功した。5月中旬以降、感染者数が一時急増したが、厳格な防疫措置を講じ、11月以降の域内感染者はほぼゼロで推移した。

国際政治の舞台でも台湾の存在感は強まった。日米欧の民主主義国との関係を強化した一方で中国による統一圧力に直面し、「台湾有事」が盛んに議論されるようになった。蔡総統は「対等な対話」を通じた中台関係の改善を望みつつも、「台湾人は圧力に決して屈服することはない」と述べ、台湾の民主主義を守る意志を示している。

「中華民国建国110年」を記念する式典で演説する台湾の蔡英文総統=10月(総統府提供)

「中華民国建国110年」を記念する式典で演説する台湾の蔡英文総統=10月(総統府提供)

【第1位】経済の高成長続く、輸出がけん引

【第2位】コロナ感染が拡大、警戒を強化

【第3位】TPP加入を申請、中国は反発

【第4位】TSMC、日本工場設立を発表

【第5位】コロナワクチン、接種加速

【第6位】鴻海のEV事業躍進、試作車公開

【第7位】振興五倍券、消費回復の一助に

【第8位】米欧と関係強化、中国圧力強まる

【第9位】56年来の水不足、供給制限も

【第10位】花蓮で列車事故、49人死亡

【番外編】台湾勢、東京五輪で活躍


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、29日は7万6539人(16:52)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新型コロナの域内感染者、28日は8万835人(18:02)

新型コロナの域内感染者、27日は9万4808人(18:02)

感染拡大で追加経済対策 346億元、「共存」で規模縮小(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

新型コロナの域内感染者、26日は8万1852人(05/27)

台北の小中高校、6月2日までオンライン授業(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン