• 印刷する

テイクオフ:野党や市民団体によるモ…

野党や市民団体によるモディ政権に対する抗議活動は、今後数年で活発化するのではないだろうか。

インド政府は先日、一部の農家による約1年にわたる抗議を受け、農業新法の撤回を決めた。その数日後から、さまざま問題について大規模な抗議活動を行おうと、話し合っている者が野党の政治家の中にいるという。農家がモディ政権に圧力をかけることができたのだから、自分たちにもできるのではないかという発想だ。

専門家によると、野党や一部の市民団体の間では反モディ感情が強い。モディ首相率いるインド人民党(BJP)が2024年の総選挙に勝って続投するのを阻止するため、今後2~3年で首相にさらなる難題を突きつけようと考えているらしい。現政権がこれらの課題をどう乗り越えるのか注目だ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドでは最近、あるビ…(01/27)

ヤシ殻培土生産でDX推進 新興ココカラ、農家の所得向上(01/27)

マルチ・スズキの10~12月、48%減益(01/27)

オラ、四輪車のコンセプトカーの画像公開(01/27)

配車や食事宅配車両の電動化、首都で義務化へ(01/27)

鉄鋼タタ、22年3月期の販売量2%増見通し(01/27)

ホンダ二輪、CBR650Rの22年モデル発売(01/27)

地場コマキ、電動クルーザーバイクを発売(01/27)

オラの電動車部門、2億ドルを調達(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン