国軍関係者の殺傷相次ぐ、民主派摘発

【ヤンゴン、バンコク共同】クーデターで国軍が全権を握ったミャンマーで、国軍関係者や行政官が殺傷される事件が相次いでいる。国軍は、民主派が組織し武装闘争を開始した「国民防衛隊」が関与した「テロリストの犯行」と非難し摘発に躍起だ。民主派はゲリラ攻撃を強める構えで、…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

民政復帰を支援、米高官が民主派と会談(01/28)

新規感染168人を確認、前日比48人増(01/28)

経済の中国傾斜が加速の懸念 国軍孤立化「頼る先」限られ(01/28)

米政府、企業にミャンマー事業リスクを警告(01/28)

豪ウッドサイド、ミャンマー鉱区から撤退へ(01/28)

民主派「新国家まで闘う」、国軍打倒誓う(01/28)

民主派政府、武器取引企業をブラックリスト(01/28)

国軍が中部の陸上油田を燃やす、被害は甚大(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン