• 印刷する

テイクオフ:背中を丸めてあぐらをか…

背中を丸めてあぐらをかき、スナック菓子をむさぼり食う。まるで休日の筆者のようだが、これは高雄市の寿山で出会った野生のサルの姿。あめ玉の小さな袋も両手を使って器用に開けている。観光客が与えたのかごみをあさったのかは分からないが、本来の姿でないことは明白だ。

「動物に餌を与えないで」と書かれた看板は台湾でも見かけるが、あまり浸透していないように思う。人間が餌を与えることで、動物は自力で食べ物を探さなくなり、生態系に悪影響を及ぼす。寿山のサルは人を恐れずに近付いてくるだけでなく、人の食べ物を盗むといい、社会問題の一つになっている。

台湾の野生動物はフレンドリーだ。近所の野良猫はもちろん、体格のいい台湾土狗(台湾犬)の野良犬にも牙をむかれたことはない。それもこれも人間が餌を与えたゆえの人懐こさかと思うと、なんだか切ない。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台北が警戒「2.5級」、店内での飲食に条件(01/28)

新型コロナの域内感染、28日は27人(01/28)

域内空港と港、離島便乗客にコロナ検査(01/28)

集中検疫所での留学生受け入れ停止、教育部(01/28)

DBS、シティの台湾個人銀行部門を買収(01/28)

21年の経済成長率、6.28% 11年以降で最高、輸出などけん引(01/28)

新型コロナの域内感染、27日は21人(01/28)

指揮中心、春節中の防疫ガイドライン発表(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン