コロナ対策委、新変異株への警戒呼び掛け

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会は11月28日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への警戒を呼び掛ける声明を発表した。同株はアフリカや欧州などで感染が確認されている。ラオス・タイムズ(電子版)が伝えた。 対策委員会は、オミクロン株の流入に警戒し、…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

21年12月のインフレ率、5.3%に(01/26)

25日はコロナ感染560人、死者2人(01/26)

【新ラオス法】第36回・村レベルの紛争解決について(後半)(01/26)

有機肥料の生産、地場2社が提携(01/25)

24日はコロナ感染340人、死者1人(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

仮想通貨取引所、2カ所が運営開始へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン