大統領、顔シールド着用の再義務化を検討

フィリピン大統領府は11月30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、ドゥテルテ大統領が新型コロナ対策本部にフェースシールド着用を再び義務化するかどうか検討するよう指示したと発表した。 アニョ内務・自治相は、国内でオミクロン株の感染が確…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに3万1173人感染(19:29)

テイクオフ:大手ブランドでなくても…(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

国鉄の南線、中国連合受注 3200億円、ルソン経済圏を拡大(01/20)

新型コロナ、新たに2万2958人感染(01/20)

オミクロン株、新たに492人感染(01/20)

外出禁止の地区、750カ所超に急増(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン