• 印刷する

【21年の10大ニュース】ウィズコロナに移行も感染再拡大

誰もが今年こそはと願った新型コロナウイルス感染症の収束。日常への回帰――。韓国政府は11月1日から、防疫措置を緩和して経済活動と並行する「段階的な日常回復(ウィズコロナ)」体制にかじを切った。

しかし、その直前まで警戒レベルは最高の「4段階」だったこともあり、感染者数は急増。そこへ追い打ちをかけるように新たな変異株「オミクロン株」が韓国でも確認され、年末に来て防疫対策が逆戻りする格好となってしまった。

ただ経済面では、文在寅(ムン・ジェイン)政権が国の目標として掲げる炭素中立(カーボンニュートラル)の実現を受けて、自動車業界では電気自動車(EV)だけでなく、水素燃料電池車(FCV)、自動運転車など次世代カーの開発が一層活発化。非対面需要に対応した技術革新により、生産現場でも自動化や協働ロボット導入によるスマート化が加速した。

日韓関係については、一時期の日本製品の不買運動の動きは収まりつつあるものの、元徴用工判決など重い十字架を背負ったまま新年を迎えることになった。

ソウル市内に設けられたPCR検査場で検査を受ける男性=韓国(NNA撮影)

ソウル市内に設けられたPCR検査場で検査を受ける男性=韓国(NNA撮影)

【第1位】コロナ禍2年、経済再開もオミクロン伏兵に

【第2位】財閥大手の水素連合発足、炭素中立へ

【第3位】サムスントップ仮釈放、大型投資相次ぐ

【第4位】現代自が電動化に本腰、海外投資を加速

【第5位】元徴用工の訴え棄却、光見えぬ日韓関係

【第6位】巨大化するIT企業カカオを規制が直撃

【第7位】金融引き締め加速、不動産高騰で

【第8位】次期大統領選が始動、尹錫悦VS李在明

【第9位】韓国コンビニがアジア攻勢、韓流が後押し

【第10位】コロナ禍で拡大止まらぬ賃金格差

【番外編】「イカゲーム」旋風、韓国ドラマ世界を魅了


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:嫌韓を解消させる方法、…(06/29)

産学連携の「契約学科」普及 IT大手が主導、人材不足に対応(06/29)

新規感染者9896人、死者5人増(06/29)

電気・ガス料金、7月から同時値上げ(06/29)

AI半導体を育成、5年で1兆ウォン投資(06/29)

LS電線、越住宅大手にバスダクト供給(06/29)

韓国メタルシリコン、ユミコアと負極材開発(06/29)

韓国造船海洋、比政府から警備艦6隻受注(06/29)

サムスン電子、水原にR&Dセンター新設か(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン