海運4社、域内産業向けに輸送能力を確保

海外で新型コロナウイルスの新たな変異株が確認され、世界の港湾業務や物流への影響が懸念される中、台湾海運大手4社はこのほど、域内産業向けに輸送能力を優先して確保する方針を示した。29日付経済日報が伝えた。 台湾行政院(内閣)は先ごろ、長栄海運(エバーグリーン・マリ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品運輸


その他記事

すべての文頭を開く

台北が警戒「2.5級」、店内での飲食に条件(01/28)

新型コロナの域内感染、28日は27人(01/28)

域内空港と港、離島便乗客にコロナ検査(01/28)

集中検疫所での留学生受け入れ停止、教育部(01/28)

DBS、シティの台湾個人銀行部門を買収(01/28)

21年の経済成長率、6.28% 11年以降で最高、輸出などけん引(01/28)

新型コロナの域内感染、27日は21人(01/28)

指揮中心、春節中の防疫ガイドライン発表(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン