• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスが広…

新型コロナウイルスが広まる前、友人がフィリピンに遊びに来てくれるというので、パッケージツアーを利用して中部ビサヤ地方のボホール島を訪れた。小高い丘が連なるチョコレートヒルズや世界最小の猿「ターシャ」の見学など、有名な観光地をぐるりと見て回ることができた。

中でも印象に残っているのはロボック川のクルーズだ。川が特別に透き通ってきれいだったわけではない。途中で水上に設置されているステージに停留すると、小学生くらいの子どもたちがバンブーダンスを披露し、後ろで大人たちが楽器を演奏していたのをよく覚えている。舞台の端には箱が設置されており、乗客がチップを入れるようになっていた。

子どもが踊った方が、チップが弾むのだろうか。観光客を相手に働く未成年たちの笑顔の裏に、当地の問題を垣間見たような気がした。(凪)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

短期滞在者の受け入れ再開、2月10日から(01/28)

入国隔離、国別のリスク分類を一時停止(01/28)

16日から接種者のみ入国可、大統領報道官(01/28)

エアアジアの4Q旅客数、前年同期比2倍(01/28)

新型コロナ、新たに1万8638人感染(01/28)

21年GDP、2年ぶりプラス 5.6%増、コロナ前水準ほぼ回復(01/28)

地方の6地域、外出制限を厳格化(01/28)

東南アのネット販売業者、21年景況感は良好(01/28)

新型コロナ、新たに1万8191人感染(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン