財務省、次期政権へ経済問題4点を提起

フィリピン財務省は25日、2022年以降の国内経済安定に影響を与えると想定される問題を4点提起した。解決に向けて、次期政権を支援する意向を表明している。 提起したのは、◇年間成長率6%以上の達成に向けた堅実な債務管理◇世界的なモノの供給不足によるインフレ◇新型コロナ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中部セブ市から車に揺ら…(01/17)

首都圏、感染ピーク間近か 比大機関、保健省は慎重姿勢(01/17)

首都圏と周辺州、月末まで外出制限延長(01/17)

新型コロナ、新たに3万7154人感染(01/17)

外国人の入国、2月から接種証明必要に(01/17)

日本「低リスク」に、陰性48時間へ短縮(01/17)

国内のコロナ隔離、軽症者は7日間に短縮(01/17)

クラーク自由港、接種証明か陰性証明必要に(01/17)

トヨタ、「RAV4」のHVモデル投入(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン