バイトダンス、不動産業務をスピンオフ

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する北京字節跳動科技(北京市、バイトダンス)が、傘下の不動産情報プラットフォーム「幸福里」を経営分離(スピンオフ)するもようだ。外部から戦略投資家を引き入れ、独立させるとみられる。ネットメディアの澎湃新聞が…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:天井から愛の声が降って…(01/24)

【学びの機会】第2回 帰国生入試だけではない(01/24)

北京のコロナ、じわり拡大 地域別最多に、物流業で一斉検査(01/24)

ドラゴンフルーツ価格急落、中国輸出停滞で(01/24)

NEV購入制限、段階的に廃止へ(01/24)

観光目的の出入国、新型コロナ抑制後に開放(01/24)

交通グリーン化に5カ年計画、NEV推進(01/24)

〔政治スポットライト〕豪英がインド太平洋でインフラ協力、中国念頭(01/24)

副大統領、仲裁判断認めれば中国と資源開発(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン