首都港のコンテナ取扱量、10月は57%増

カンボジアの首都プノンペンの河川港、プノンペン自治港(PPAP)の10月のコンテナ取扱量は3万2,441TEU(20フィートコンテナ換算)となり、前年同月比57%超増加した。クメール・タイムズ(電子版)が6日伝えた。 寄港した貨物船舶数は同7.3%、燃料油や一般貨物の取扱量…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

観光協力に関する覚書、インドネシアと締結(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

縫製労働者への政府休業手当、今月から停止(01/21)

オクバウ金鉱、累計採掘量が1.5トン(01/21)

問題の迅速解決は困難、カンボジアとタイ(01/21)

オミクロン株感染者、18日時点で累計406人(01/20)

ラオスと覚書、観光分野の協力強化で(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン