データセンター事業に商機 5G、コロナ禍で国内外から需要

フィリピンで国内外の企業がデータセンター事業の強化に乗り出している。新型コロナウイルス禍や第5世代(5G)移動通信システムなどの登場でデータ需要が拡大しているほか、世界のIT大手からの受注を見越した先行投資となる。個人情報に対する規制を強化する国・地域を逃れる…

関連国・地域: 香港シンガポールフィリピン
関連業種: 建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月1日の春節(旧正月…(01/26)

公共の場、接種会場に転用 政府、9千万人接種へ躍起(01/26)

新型コロナ、新たに1万7677人感染(01/26)

首都圏の感染、1カ月ぶりに抑制段階(01/26)

外出禁止地区900カ所に拡大、地方多く(01/26)

5~11歳への接種、2月4日に開始(01/26)

抗原検査キットを承認、経口薬は期限延長(01/26)

AMRO、比の22年成長率引き下げ(01/26)

ソーラーフィリピン、太陽光発電を強化(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン