燃料減税、国庫に年1.4兆ルピーの打撃

インド政府が3日に発表したガソリンと軽油の中央物品税の引き下げについて、年間で1兆~1兆4,000億ルピー(約1兆5,300億~2兆1,400億円)の国庫収入の逸失につながるとの指摘が出ている。地元メディアが伝えた。 試算は、本年度(2021年4月~22年3月)に入ってからのガソリ…

関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米電気自動車(EV)大…(01/17)

21年車販売、28%増の376万台 プラス転換も半導体不足が重し(01/17)

新型コロナ経口薬、5月にも国内生産へ(01/17)

21年二輪販売、前年比ほぼ横ばいの1447万台(01/17)

蓄電分野の生産奨励制度、10社が参加申請(01/17)

電力省、EV充電施設の指針改定(01/17)

政府、計6エアバッグ設置義務化を検討(01/17)

配車・配達業者に電動車義務化、デリーが方針(01/17)

マルチ・スズキ、平均1.7%値上げ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン