21年経済成長率は6~7%=金融庁予測

シンガポール金融管理庁(MAS)は28日に発表した最新のマクロ経済報告で、2021年通年の国内総生産(GDP)成長率が、前年比6.0~7.0%になるとの見通しを明らかにした。4月には6%を超えるとの予測を示していた。22年通年については、「ゆっくりだが、平均を上回る」と見込…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小売店のレジで、たまた…(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

ライブコマースで売り上げ拡大 食品卸アングリスの挑戦(上)(12/02)

公共機関3者、電子インボイスの運用開始(12/02)

ポルシェ、EV充電設備で電力SPと提携(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

港湾運営PSA、米物流企業BDPを買収(12/02)

ロボット新興企業、スイス社と合弁会社設立(12/02)

ロボアドのエンダウアス、3500万Sドル調達(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン