太陽光発電に逆風 輸入部品の価格上昇と増税が重し

インドの太陽光発電のコストが増加している。中国の供給混乱により輸入太陽光モジュールの価格は過去10カ月で3割余り上昇した。政府は10月から太陽光発電設備の物品・サービス税(GST)率を引き上げ、来年4月から太陽光モジュールの輸入に40%の基本関税を導入する。事業コス…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 電機その他製造天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:過去数日間に電話で話し…(01/19)

業界団体、電動化に積極対応 EV部品向け投資加速(下)(01/19)

ホンダ二輪「シャイン」、累計販売1000万台(01/19)

スズキ、新型セレリオのCNG仕様車を投入(01/19)

3月の首脳会議に総司令官出席か=人権団体(01/19)

アップルとサムスン、振興策で大規模生産(01/19)

ITマヒンドラ、キプロスの同業を買収(01/19)

農産加工アンブジャ、生産増強に50億ルピー(01/19)

製糖ビシュワラジ、エタノール工場新設(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン