首都圏の外出制限緩和、経済効果は142億ペソ

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のチュア長官は、マニラ首都圏の外出・移動制限措置の緩和により、月末までに142億ペソ(約319億円)の経済効果が生まれるとの見通しを示した。26日付スターが伝えた。 政府は5段階の警戒レベルで試験的に実施している首都圏の制限措置で、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ナママスコ・ポ!」。…(12/07)

市中銀、石炭融資継続か 投資回収狙う、温暖化対策に逆行(12/07)

新型コロナ、新たに543人感染(12/07)

首都圏の複数病院、変異株拡大に備え(12/07)

首都圏の公立28校、対面授業を再開(12/07)

〔セブ通信〕セブ市、未接種者の施設出入り禁止(12/07)

ワクチン国内製造なし、比はアジアでまれ(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン