• 印刷する

台湾の鴻海がEVと電池生産を計画=投資省

インドネシア投資省はこのほど、台湾の電子関連大手、鴻海精密工業(フォックスコン)がインドネシアで電気自動車(EV)やEV用バッテリーの工場建設を計画していると明らかにした。

バフリル投資相は22日、台北で鴻海の劉揚偉董事長、電動スクーターを手掛ける睿能創意(ゴゴロ)の陸学森最高経営責任者(CEO)らと会談した。

24日の国営アンタラ通信によると劉揚偉氏は、組立工場だけではなく、あらゆる部門でインドネシアへの参入を目指していると説明。「インドネシアの消費者に受け入れてもらえるデザインのEVをつくりたい」と述べた。具体的な投資時期や金額、地域は明かされていない。

四輪車と二輪車の生産を検討する。電動バイクでは、鴻海とパートナー関係にあるゴゴロが協力する予定。

バフリル投資相は、両社のサプライチェーン(調達・供給網)構築において、国営企業や地場企業、中小零細企業との協力を求める方針を示した。


関連国・地域: 台湾インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車電機

その他記事

すべての文頭を開く

2回目のPCR検査、隔離9日目に(12/03)

不動産のVAT減免、22年末まで延長を提案(12/03)

入国隔離期間、10日間に延長 政府高官の海外渡航は禁止(12/03)

高速道でナンバー規制、20日から首都圏近郊(12/03)

新車奢侈税減免、来年も延長を検討(12/03)

ブリヂストン22年乗用車、前年比5%増へ(12/03)

日本紙パルプ商事、新工場が本格稼働(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン