日系業況、7期連続マイナス 下半期調査、来期はプラス転換か

マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)が21日発表した日系企業の「2021年下半期(7~12月)景気動向調査」で、業況判断指数(DI)はマイナス20.4となった。マイナスは7期連続。21年上半期の前回調査時には下半期にプラス転換が見込まれていたが、6月から全土で実施され…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアとの間で隔離…(12/01)

テイクオフ:クアラルンプールでは低…(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

高速鉄道に期待と懐疑の声 いったん頓挫も隣国と協議再開へ(12/01)

新規感染4879人、累計263.3万人(12/01)

ムルデカ118、ビルの尖塔が完成(12/01)

RM1=26.8円、$1=RM4.21(11月30日)(12/01)

ポルシェ、技術訓練プログラム導入で提携(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン