• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスの新…

新型コロナウイルスの新規感染者数が目に見えて減っている。数週間前までは1日当たり1万人超えが続いていた。1万人を切り始めた頃は「また増えるだろう」と諦め気味に思っていたが、今のところ、おおむね減少傾向にある。ワクチン接種を完了した人は人口の25%にも満たないが、マニラ首都圏で先行して試験導入された新たな外出・移動制限のおかげだろうか。

海外で暮らす大学時代の友人も「生活しやすくなった」と話していた。まだ感染対策の規制はあるものの、感染者数が減り、飲食店の営業は再開され、近所での買い物もしやすくなったという。「また旅行とかできるようになったらいいよね」と笑って電話を切った。

このまま感染状況が落ち着けば、当地で1年7カ月以上も続く外出・移動制限が解除される日も近づくだろうか。心穏やかにクリスマスを迎えられることを願うばかりだ。(凪)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「高収入の仕事がありま…(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

国家接種デー、目標達成急ぐ 初日255万回、1日で過去最多(12/01)

新型コロナ感染425人、1年5カ月ぶり低水準(12/01)

主要都市の外出制限延長、12月15日まで(12/01)

大統領、顔シールド着用の再義務化を検討(12/01)

ドゥテルテ氏側近、大統領選の出馬取りやめ(12/01)

財閥アヤラ、BPO子会社を売却(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン