豪、50年実質ゼロには拠出大幅増が必要

オーストラリア政府が、2050年までの二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロ達成に説得性を持たせるには、水素開発と低排出技術への拠出を劇的に増やす必要があるとの指摘が財界から上がっている。オーストラリアンが伝えた。 モリソン首相は、自由党と連立与党を組む国民党の合意を…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの住宅価格はい…(12/01)

観光業、変異株規制なら大打撃 小売りも影響懸念(12/01)

変異株が市内拡大か、首相「再封鎖はなし」(12/01)

豪行きの乗り継ぎ客、オミクロン株に感染(12/01)

〔政治スポットライト〕豪予算案3月29日に発表へ、総選挙は5月か(12/01)

豪連邦裁、違法ストで海運労組に損害賠償命令(12/01)

豪のハイブリッド車販売増、トヨタがけん引(12/01)

NTT、シドニー工科大と次世代都市づくりへ(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン