• 印刷する

韓国エンプラス、比で電気自動車製造へ

フィリピン経済区庁(PEZA)は22日、韓国の自動車メーカー、エンプラス(ENPLUS)とフィリピンでの合弁事業について覚書を結んだと発表した。電気自動車(EV)や電動ジプニー(フィリピン式乗り合いバス)を製造、販売する。

プラザ長官によると、エンプラスはPEZAに登録された初のEV製造メーカーとなる。西ネグロス州プルパンダンに製造工場を建設するため、50億ペソ(約112億円)を投資する。PEZAは30ヘクタールの用地を提供する見通し。

エンプラスは韓国有価証券市場(KOSPI市場)に上場しており、消防車を主力に、ごみ収集車やタンクローリーなどを製造している。


関連国・地域: 韓国フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

水際強化、PCR陰性証明義務付け(12/03)

新型コロナ、新たに544人感染(12/03)

日本の牛丼、比市場攻略へ 価格訴求高く、制限緩和にも期待(12/03)

成人への追加接種、3日から開始(12/03)

新型コロナ、新たに564人感染(12/03)

主要インフラ事業、現政権下での完了は18件(12/03)

南北通勤鉄道、来年に一部完工見通し(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン