• 印刷する

9月の東南ア訪日者は47%減、低水準続く

日本政府観光局(JNTO)が発表した統計で、2021年9月に東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国から日本を訪れた旅行者(推定値)は、前年同月比47%減の2,370人だった。前年同月に訪日者数が持ち直していたことを背景に2桁のマイナスとなった。前月比では19%増加した。

日本政府は全ての国・地域からの観光目的の入国を認めていない。東南アジア主要6カ国のうち、入国者が最も多かったのはベトナムで1,000人だった。インドネシアが500人、フィリピンが400人で続いた。

主要6カ国の複数国で、国際的な人の往来再開に向けた段階的措置として、駐在員や長期滞在者の日本との往来を可能にする「レジデンストラック」や、短期出張者向けの「ビジネストラック」が運用されていたが、21年1月14日以降、運用が停止されている。

6カ国とも、査証(ビザ)の効力停止の対象となっているほか、入国後14日間の隔離、PCR検査受検などが義務付けられている。タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピンの4カ国は日本政府による上陸拒否の対象となっている。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染1103人、死者は9人(29日)(12:07)

テイクオフ:隔離なしで当地に入国で…(11/30)

第一三共、医薬品開発で子会社設立(11/30)

隣国と隔離なしの往来開始 イスマイルサブリ首相が公式訪問(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

SLNGと英社、液化CO2技術開発で提携(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

英コンサル会社、現地同業買収でアジア強化(11/30)

陸運大手、中国でコンクリート輸送事業(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン