• 印刷する

マサン、ホーチミンに新コンビニ開店

鉱山開発や食品製造販売などを手掛けるベトナムのマサン・グループは20日、南部ホーチミン市1区レズアン通りの複合施設「Mプラザ・サイゴン」に新しいコンビニエンスストア「フレッシュ&チル」を開店した。20日付タインニエン電子版が報じた。

マサンは首都ハノイとホーチミン市で、「CVライフ(Convenient Life)」の名称で、コンビニに薬局、カフェ、現金自動預払機(ATM)を併設した店舗のチェーン展開を始めている。フレッシュ&チルはこれと同じ路線ながら、複合施設内のオフィスや集合住宅に勤務・居住している人を主な顧客と想定しているという。

フレッシュ&チルは、「ハイフレッシュ」ブランドの調理済み食品や加工済み食材、ブランド商標肉「ミートデリ」といったマサン系列の食品も取り扱う。カフェ「フックロン」や薬局「ファノ・ファーマシー」も併設されている。

Mプラザ内で働く女性タムさんは、「私たちのようなオフィス勤めにとって、昼休みや退社時に利用できて便利だ」と話した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

市中感染1.4万人増、4波累計123.3万人(12/01)

オミクロン株警戒、疫学者「デルタ超えも」(12/01)

ハノイ都市鉄道3号線、来年の高架開通要求(12/01)

首都第2空港の位置に複数案、空港基本計画(12/01)

BRT凍結案に事業主が3案提示、HCM市(12/01)

「また制限強化か」経済界、不安一気(12/01)

航空燃料の環境保護税、減率50%に拡大案(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン