大手トップ、ウィズコロナへ海外活動再開

新型コロナウイルスワクチンの接種が進み、各国でコロナ感染の拡大防止と社会経済活動の再開を両立する「ウィズコロナ」へのシフトが進みつつある。そんな中、韓国の大手グループトップも海外での経営活動を再開しようとしている。20日付聯合ニュースが伝えた。 サムスン電子トップ…

関連国・地域: 韓国インドネシア米国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者5123人、過去最多を更新(11:02)

ワクチン完了4.9万人増、接種率79.9%(10:34)

コロナ初の5千人台、「ブレークスルー感染」増で(13:45)

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(12/01)

【不動産と家計負債】駐在員暮らしの質悪化 賃貸価格上昇、リスク管理必要に(12/01)

観光業、変異株規制なら大打撃 小売りも影響懸念(12/01)

新規感染者3032人、死者44人増(12/01)

変異株が市内拡大か、首相「再封鎖はなし」(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン