製薬CSL、コロナで臨床試験計画に影響

オーストラリアの製薬大手CSLが、新型コロナウイルス流行により臨床試験の計画に影響が出ていることを明らかにした。同社は次世代型のインフルエンザワクチンなど研究開発に力を入れており、投資額は2020/21年度(6月期)に10億米ドル(約1,145億円)を突破している。20日付地…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの住宅価格はい…(12/01)

観光業、変異株規制なら大打撃 小売りも影響懸念(12/01)

変異株が市内拡大か、首相「再封鎖はなし」(12/01)

豪行きの乗り継ぎ客、オミクロン株に感染(12/01)

〔政治スポットライト〕豪予算案3月29日に発表へ、総選挙は5月か(12/01)

豪連邦裁、違法ストで海運労組に損害賠償命令(12/01)

豪のハイブリッド車販売増、トヨタがけん引(12/01)

NTT、シドニー工科大と次世代都市づくりへ(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン