北京が外資参入規制を一部緩和、VPNなど

中国国務院(中央政府)は18日、北京市でサービス業関連の外資参入に関する規制を一部緩和することを決定した。対外開放を一層進め、サービス業の発展につなげる狙い。IT分野では外資によるVPN(仮想私設網)の合弁事業を認めた。 VPN合弁事業の外資持ち株比率は「50%を超…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

再生可能エネで人材不足、人件費上昇(16:07)

中国との国境貿易が再開 両国合意、一部検問所のみで(12/02)

中老鉄路が3日開通、運賃など発表(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

鉄鋼大手、高炉計画を拡張か クアンガイ省で追加投資提案(12/02)

テイクオフ:蘇州市出身の友人から上…(12/02)

独新政権、中国に厳格姿勢(12/02)

今年の経済成長率8%が大勢 複数の投資銀、来年は5%台に(12/02)

渡航制限流れ止まらず、WHO勧告拘束力なく(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン