企業の懸念材料、コストが最大=中華商工会

シンガポールの華人系経済団体であるシンガポール中華商工会議所(SCCCI)の業況調査で、企業にとってコスト上昇が最大の懸念材料であることが明らかになった。 中華商工会は年に1度の業況調査として、6月10日から8月11日にかけてサービス業を中心とする会員企業を対象に…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染662人、変異株の感染確認(6日)(15:52)

MRT横断線の西部支線、11駅設置へ(15:37)

テイクオフ:日曜の午前10時前、都…(12/07)

衣料品交換サービスで収益化 新興企業、コロナ下の需要掴み(12/07)

日立金属、科技研の共同研究に7億円追加投資(12/07)

オムロン、遠隔医療サービス社と提携(12/07)

SIAエンジ、仏社からエンジン試験を受注(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン