台湾、列車事故で実刑=元運転士に懲役4年6月

【台北共同】台湾北東部・宜蘭県で死者18人を出した2018年10月の特急列車脱線事故で、同県の裁判所は18日、過失致死罪に問われた元運転士に懲役4年6月の実刑を言い渡した。 台湾では今年4月にも東部・花蓮県で特急列車が脱線事故を起こし、49人が死亡した。運営主体の国営企業…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ警戒第2級、来月13日まで延長(16:14)

新型コロナの域内感染、24日連続ゼロ(17:55)

テイクオフ:海外生活で大変なことは…(11/29)

コロナ新変異株で水際強化 政府、域内の防疫措置は流入次第(11/29)

脱エンジンが産業に変革、異業種EV参入狙う(11/29)

工研院、SMBCと最先端技術セミナー(11/29)

購入後も車の性能向上、ティアフォーの加藤氏(11/29)

鴻海グループ初の封止検査工場、中国で稼働(11/29)

PTT、来年初めにEV工場の投資計画決定(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン