• 印刷する

テイクオフ:近頃、上海はめっきり肌…

近頃、上海はめっきり肌寒くなった。オフィスが入居するビルは今週から冷房を停止するという。それはいいが、問題は12月まで暖房が使えないこと。これも電力不足のせいではないかと勘ぐってしまう。

中国政府は18日、7~9月期の国内総生産(GDP)が前年同期比4.9%増加したと発表した。プラス成長は維持したが、増加率は4~6月期から鈍化。電力の供給不足も景気減速の一因になった。企業の生産が制限され、9月の鉱工業生産は前月比では0.05%の伸びにとどまった。

「暖房が使えないのは電力が足りないせいか」と中国人の同僚に尋ねると、「使える時期が決められてるだけ。まだそんなに寒くない」と軽くいなされてしまった。同僚は「上海では電力が制限されることも不足することもあり得ない」と続ける。なぜ?と尋ねると「魔都だから」。どこか説得力があるのはなぜだろう。(佳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電池回収事業が拡大、2000億元市場へ(11:28)

中老鉄路の貨物列車、第1便が到着(12/07)

香港の民主制度は新段階に 選挙控え中央、西側価値観を否定(12/07)

テイクオフ:中国とラオスを結ぶ鉄道…(12/07)

ラオス中国鉄道開通、タイは貿易拡大に期待(12/07)

1~10月の対日輸出が9%増、対中は49%増(12/07)

日系の7割、事業拡大に意欲 インド断トツ首位、ジェトロ調査(12/07)

22年の住宅市場小幅変動か 健全化・安定化の政府方針不変(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン