• 印刷する

テイクオフ:商業施設や店舗への入場…

商業施設や店舗への入場・入店が、新型コロナウイルスのワクチン接種完了者のみになる措置が13日に始まった。正式には20日からだが、先週末に訪れた施設や店舗では接種済みであることを証明する必要があった。

接種状況は政府のシステムに登録されているため、スマートフォンに専用アプリをインストールしておけば、各施設・店舗の入り口にある非接触端末にスマホをかざして接種の有無を確認できるようになっている。ただ自身のスマホでは非接触端末が機能せず、QRコードを読み取り、接種済みの情報を係員に見せる必要があった。先週までは同じスマホを非接触端末にかざせば入場・入店できていただけに残念だ。

新たな措置を講じる際にはきちんとシステムのテストをしてもらいたいところだが、度重なる規制の変更で対応が追い付かないのかもしれない。しばらくは不便を強いられそうだ。(利)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

4日深夜から入国規制強化、オミクロン株警戒で(12/03)

10月の小売業売上高、2カ月連続プラス(21:57)

新規感染766人、5日ぶり低水準(3日)(21:53)

新規感染1101人、死者は9人(2日)(12/03)

中国製ワクチン接種者、年内の追加接種要請(09:41)

配車サービス大手グラブ、ナスダックに上場(09:39)

11月の製造業PMI、好況水準も軟調傾向(09:37)

双方向重視、日本の目利きも 食品卸アングリスの挑戦(下)(12/03)

セムコープ、中国で再生エネの資産取得(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン