インド乗用車販売4割減、半導体不足が影響

【ニューデリー共同】インド自動車工業会が14日発表した9月の国内乗用車販売台数は前年同月比41.2%減の16万70台だった。半導体不足で生産台数が大きく落ちたことなどが影響した。インド最大手のスズキ子会社マルチ・スズキは57.3%減の6万3,111台と大きく減らした。 2番手だっ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

コロンボの玄関口となる橋、日本支援で開通(15:42)

イゲタ金網が新工場で生産へ ティラワ特区、地場と合弁(11/30)

カイゼン支援をIoTで推進 日系iスマート、タイで商機探る(11/30)

第一三共、医薬品開発で子会社設立(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

とちぎの地酒を香港に、県が販路開拓支援(11/30)

東京ガスと三菱商事、炭素中立メタン事業調査(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン