石炭火力、30年の比率は3割 新電力計画、首相に最終案提出

ベトナム商工省は12日、2021~30年の電力開発の新たな指針となる第8次国家電力開発基本計画(PDP8)の最終案を固め、首相府に提出したと発表した。地元紙によると、30年時点の国の総発電容量に占める石炭火力発電の比率は30%前後になる見通しで、3月に公表した原案の24~27…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

市中感染3592人増、4波累計89.1万人(10/27)

ホーチミン市の店内飲食、解禁に期待と不安(10/27)

営業禁止のカラオケ店、機材レンタルに活路(10/27)

9月の完成車輸入、前年比32%減の8669台(10/27)

自動車企業の税納付3カ月猶予提案、商議所(10/27)

21年GDPは楽観でも2.5%増、ハノイ国家大(10/27)

首相、政府機関の公共投資実行に奮起促す(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン