祭事期のスマホ需要旺盛 半導体不足も、5千万台販売か

インドの今年の祭事期(10~12月)は、スマートフォン需要が旺盛だ。新型コロナウイルスの感染拡大が収まり、社会生活と経済活動が正常化して数カ月がたつことから、消費者の購買意欲が高まっている。半導体不足で新機種の発売は例年より少なくなる予定だが、3カ月間で5,000万台近…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 電機IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都ニューデリー近郊の…(12/02)

モディ政権の長期化濃厚か 第2波で人気低下も、対抗馬なく(12/02)

11月の商用車販売、主要2社がマイナス成長(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

スズキがイーコ値上げ、エアバッグ装着で(12/02)

中国の電動車BYD、インドで販売網拡充(12/02)

仏タレスは印企業との取引停止を=人権団体(12/02)

エコカー支援策、EV16.5万台に補助金支給(12/02)

ミスミ、現地法人を拡張移転(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン