• 印刷する

米製薬イーライリリー、印で人員削減を計画

米製薬大手イーライリリーは、インドで雇用する従業員を大幅に削減する予定だ。エコノミック・タイムズ(電子版)が11日に伝えた。

イーライリリーは削減する人数を公表していないが、「対象者には解雇手当の支給や再就職支援など、包括的なサポートを提供する」とコメントしている。情報筋によると、医療情報担当者(MR)など約120人に解雇通知が送られたもようだ。

イーライリリーは先に、同社の糖尿病治療薬「ヒューマログ」と「トルリシティ」のインドでの販売・流通権を地場同業シプラに売却すると発表した。今回の人員整理は、これを受けたものとみられる。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 医療・医薬品雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

カルナタカ州からの帰国、指定施設で3日待機(12/03)

スウィッギー、食品配送部門に7億ドル投資(12/03)

印をエアコンの製造拠点に 国内の部品調達、29年に8割目標(12/03)

11月の乗用車販売、主要3社が2桁減(12/03)

11月の二輪車販売、4社が前年同月割れ(12/03)

マルチ・スズキ、来年1月に値上げ実施(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

デリー政府、ガソリンの付加価値税引き下げ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン