菜食週間、消費8%減見通し 外出自粛や洪水の懸念で冷え込み

タイでは、今月14日まで菜食週間(ギンジェー)が開催されている。小売り各社は商業施設やスーパーマーケットで総菜や植物由来の食品を販売し、飲食店は菜食メニューを提供するなど、例年通りギンジェー商戦を繰り広げている。ただ、首都バンコクでは新型コロナウイルスの感染拡大…

関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

感染者4753人、4カ月ぶり4千人台(29日)(17:08)

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(12:12)

首都圏鉄道レッドライン、運賃の徴収開始(15:14)

テイクオフ:タイ政府が、新型コロナ…(11/29)

低リスク国の検疫体制を緩和 抗原検査に変更、1泊待機不要に(11/29)

都県別のコロナ感染状況区分(21年12月1日)(11/29)

国道67号線の改修、タイが技術調査を完了(11/29)

感染者数5854人、死者30人(28日)(11/29)

PTT、来年初めにEV工場の投資計画決定(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン